男女

玉砂利の魅力にグッと迫る|素敵なガーデニング作りのお手伝い

大木を切るなら

男性

木を切る前に

伐採とは木を切ることです。国有林などは国の管理下にあるので勝手に切ってはいけません。個人の所有する木に関しては自分で伐採をするか、伐採屋に頼むかの方法があります。個人で切る場合には切った後の処分なども考えなければなりませんが、伐採屋に頼むと処分もしてくれます。それなりの大きさの木になると少々金額は高いのですが、倒木の危険がある場合はやむを得ないと思います。また、枝だけを切ってもらうこともできます。身の丈くらいの小さな木の場合は自分でチェーンソウで切った方が簡単です。でも、一応二人以上で伐採することをお勧めします。大きくなった木は熟練した職人に切ってもらった方が安心です。やはり、倒れる時が一番危ないので倒す方向なども計算しながら切ってくれます。

面倒なことにならないよう

田舎には立派な大木が生えている山などが多いのですが、田畑や住居スペースなどに植わっている木などは所有者が分からず揉めることも少なくないようです。隣接する場所に昔から植わっている木などは、特に誰の物かで揉めます。そんな時は法務局などで登記簿を貰ってきます。誰の土地に植わっているのかをはっきりさせないと後々面倒なことになるので、そこは十分に揉めている人と話し合い確認をすることが必要になります。話が纏まったら伐採屋に頼みます。木の大きさ場所などを見てもらい見積もりを出してもらいましょう。住宅地にある木は重機が入れない場所もあるので、人が上まで登ってチェーンソウで切って伐採を行ないます。トラブルを回避するには、信頼できる専門の業者に頼むことが一番です。